2016年04月
男性の更年期と人気の包茎手術

更年期障害というと、女性をイメージする人が多いです。
しかし、男性にも更年期障害があるのです。
男性の更年期障害はLOH症候群とも呼ばれます。
男性の更年期障害には、男性ホルモンのテストステロンが関係しています。
テストステロン値は20代が一番高く、20代以降は徐々に減少していきます。
通常、男性ホルモンが減少すると、性欲が減退したり、勃起不全が起きたりします。
また、体だけでなく、精神にも影響が出てきます。
やる気がなくなり、うつ症状が出る人もいます。
また、脳梗塞リスクも上がり、体に様々な不調が出てきます。
男性ホルモンの数値は、個人差が大きいのが特徴です。
例えば、70代で30代の男性と同等のテストステロン値を保っている人がいる反面、40代なのに70代のテストステロン値の人もいます。
更年期障害の症状を緩和するには、加齢により減っていくテストステロンをどのように補うかが重要なポイントとなってきます。
テストステロンを正確にチェックしたい人は、クリニックに行けば血液や唾液から調べることができます。
クリニックでは、治療薬を処方してもらえます。
最初にカウンセリングを行うクリニックも多いので、不安な点などがあれば、カウンセリングを利用して相談するといいです。
包茎も男性に多い悩みのひとつです。
包茎は、病気ではありません。
ただ、包茎によるデメリットを感じている人は多いです。
デメリットを感じている人は、手術をすれば悩みが解消します。
最近は、優れた専門クリニックも増えています。
包茎手術を行う場合、信頼と実績があり、人気が高いクリニックを選んだ方が安心です。
人気がある大手の口コミサイトを利用すると、実績があり人気も高いクリニックを探すことができるので便利です。